【ゲーミングPC】超シンプルなグラボの選び方(初心者向け)【GPU】

初心者の方がゲーミングPCを選ぶ時に、

・まず何から考え始めればいいんだろう?
・そもそも「分かってないこと」が分からない

・簡単にゲーミングPCを選びたい!

こんな風に思ったことがある方はこの記事を読んでみてください。

当サイトでは、初めてのゲーミングPC選びの最初のステップとして、グラボ(グラフィックボード)を選ぶことをオススメしています。

初心者の方でも2つのポイントを抑えれば簡単に用途に合うグラボを選べますので、是非チェックしてください。

管理人

とにかくシンプルに解説します

目次 (タップで移動)

「ゲーミングPC選び」は「グラボ選び」

グラボとは?(飛ばしてOK)

グラボ(グラフィックボード) はゲーミングPCに入っているパーツの一つで、その名の通り映像/グラフィック表示がお仕事です。

ゲーミングPCと普通のパソコンの最大の違いは「グラボ」の有無で、それ以外は同じようなパーツ構成と考えてOKです。

一般的なパソコンでは映像処理を他のパーツ(CPU)が兼任していますが、ゲームのような高精細・高速な映像表現を行うにはグラフィック専用のパーツが必要というワケですね。

呼び方は様々

当サイトでは表記を「グラボ」で統一します。人によって呼び方が様々ですが同じモノを指していると思った良いです(ビデオボード、グラフィックカード、VGA等々)

グラボが決まればゲーミングPC選びは成功する

ゲーミングPC選びの成功のカギは「グラボ」です

なぜならゲーミングPCの中で最も高価なパーツ、かつメインの用途であるゲームの快適さに最も影響するパーツだからです。

BTOメーカーが発売するゲーミングPCは数多くありますが、どれもグラボを基準にして、その他パーツを組み合わせる形でパソコンが構成されています。

管理人

つまりグラボさえ決まればこっちのモノです!

ただ初心者の方には馴染みのないグラボがゲーミングPC選びを難しくしている要因ともいえます。

当サイトではシンプルにグラボが選べるよう解説します、さっそくグラボ選びに進みましょう。

グラボの選び方|2つのポイントをチェック

「グラボを選ぶ」とは「どれくらい高性能なグラボが必要か考える」ことと同じです。

ゲーミングPC選びが難しい理由は、プレイするゲームや用途・環境が人によってバラバラ、つまりグラボに求める性能が人それぞれ異なるからですね。

ただシンプルに考えると、グラボの性能大きく左右する下記2つのポイントを抑えればOKです。

グラボに負荷を与える2つの要素
  1. プレイするゲームのジャンル
  2. モニターの解像度(画質)

詳しく説明しますので、いまいちピンとこない方もこのまま読み進めて大丈夫です。

①プレイする/予定のゲームジャンルを考えよう

例えば「2Dのパズルゲーム」と「最新の3Dアクションゲーム」を比べると、当然アクションゲームの方が高性能なグラボを必要とします。

ただし何百何千もあるゲームタイトル全ての負荷を調べることはできないので、ざっくりシンプルにゲームジャンルからグラボへの負荷を推測しましょう。

  1. シューティング(バトロワ系)
  2. 3Dアクション、レース
  3. ロールプレイング、シミュレーション

ざっくりですが3つに分類しました。

プレイする/または今後プレイ予定のゲームジャンルをチェックしてください、ここではひとまずチェックするだけでOKです。

②モニターの解像度(画質)を考えよう

グラボの性能を左右する2つ目の要素は「モニターの解像度」です。

解像度によってグラボへの負荷が変わる

解像度が高い=画質が良い=描画性能の良い(高い)グラボが必要、という関係性です。

代表的な解像度4つを図にしましたので、使っている/ 今後使うモニターの解像度をチェックしてみてください。

代表的なモニターの解像度と画素数

画素数の多さがグラボに対する負荷に比例しますので、4K解像度の場合は他に比べて頭一つ抜けた負荷が掛かることが分かりますね(フルHDの4倍の画素数=4倍の負荷)。

「UWQHD」はウルトラワイド型と呼ばれるタイプの解像度で、他の3種と違ってアスペクト比(横・縦の比率)が違いますが当サイトのオススメなので含めています。

【重要】ゲーム内の画面設定が優先される

ここまでモニターの解像度がグラボ性能を左右するとお伝えしています 

高解像度モニターでも高いゲーミングPCが必要とは限りません!

パソコンゲームのほとんどは、ゲーム内のメニュー等で解像度設定を変えられますよね。実はゲーム内にある解像度設定を下げた場合(モニターの解像度は関係なくグラボへの負荷が軽くなります。

ゲーム内の画質設定の方をチェックしよう!

例えばApex Legendsの画面設定では「ビデオ」のタブから解像度を変えられます。

ほとんどのゲームは解像度を変えられる

僕はUWQHD(3440×1440)のモニターを使ってますが、このようにフルHD(1920×1080)に下げればグラボへの負荷は軽減できますね。

管理人

綺麗さは劣りますが、戦闘中は気にしないので問題ナシ

そのため4Kモニターを使っていても、ゲーム内の画質設定を下げている場合は、下げた設定に合わせたグラボがあればOKということになります。

ゲームジャンル×解像度でグラボを決めよう

ここまでくれば、2つのポイントから用途に合うグラボを決められます!

グラボを決める2つチェックポイント
  1. ゲームのジャンル
  2. 解像度の設定

下表で「プレイする/予定のゲームジャンル」と「設定する解像度」の組み合わせをチェックして、用途にマッチするグラボを確認してください。

スクロールできます
シューティング
(Apex等バトロワ系)
3Dアクション
レースゲーム
ロールプレイング
シミュレーション
フルHD
1920×1080
GTX 1660Ti
RTX 3060
RTX 3060 GTX 1660Ti
WQHD
2560×1440
RTX 3060Ti
RTX 3070
RTX 3060Ti
RTX 3070
RTX 3060
UWQHD
(ウルトラワイド)
3440×1440
RTX 3070Ti RTX 3070Ti
RTX 3080
RTX 3060Ti
4K
3840×2160
RTX 3080
RTX 3080Ti
RTX 3080Ti
RTX 3090
RTX 3070
RTX 3070Ti
管理人

グラボ名は「数字が大きい/後ろにTiが付く」方が高性能です

ゲームジャンル別オススメ解像度

パソコンと同時にモニターを新調する予定の場合、解像度が決まってないと思うので、ジャンルごとにオススメの解像度を紹介します、新しく買うモニターの参考にしてください。

スクロールできます
シューティング
(Apex等バトロワ系)
3Dアクション
レースゲーム
ロールプレイング
シミュレーション
フルHD
1920×1080
おすすめ
WQHD
2560×1440
おすすめおすすめ
UWQHD
(ウルトラワイド)
3440×1440
興味があれば
おすすめ
おすすめおすすめ
4K
3840×2160
余裕があれば
おすすめ
余裕があれば
おすすめ

バトロワ系は画面の綺麗さより、勝敗に関わる表示の滑らさが重要なのでフルHDがオススメ(ウルトラワイドなら視野が拡がるので興味があれば)

アクションやロールプレイング等の他ジャンルは映像の美しさ自体も楽しみたいトコロ、ということでWQHD以上の解像度がオススメです。

グラボ選択時のポイント

解像度(画質)の設定を下げるのもアリ

前述の通り、モニターの解像度よりもゲーム内の解像度設定が重要なので、予算オーバーしそうな場合は解像度設定を下げるのもアリです。

ゲーム内で設定できる解像度はモニターより高く(高画質に)はできません

迷ったら「高いほう」がオススメ

2つのグラボが候補で迷う場合は高い方がオススメです(もちろん無理はNG)

定期的なバージョンアップ・更新が発生するゲームジャンル・タイトルの場合、新バージョンが出るタイミングで、必要とするパソコン性能が高くなることがあります。

今後どんな面白いゲームが登場するか・ハマるか分かりませんし.. 長く使う予定なら多少は性能に余裕を持たせてもいいかもしれません。

グラボを軸にゲーミングPCを選ぼう

グラボが決まればゲーミングPC選びは半分終わったようなイメージでOK、次はグラボを軸にしてゲーミングPCを選びましょう。

下表は各グラボを搭載するオススメ機種をまとめたページへのリンクです、参考にしてください。

スクロールできます
シューティング
(Apex等バトロワ系)
3Dアクション
レースゲーム
ロールプレイング
シミュレーション
フルHD
1920×1080
GTX 1660Ti
RTX 3060
RTX 3060 GTX 1660Ti
WQHD
2560×1440
RTX 3060Ti
RTX 3070
RTX 3060Ti
RTX 3070
RTX 3060
UWQHD
(ウルトラワイド)
3440×1440
RTX 3070Ti RTX 3070Ti
RTX 3080
RTX 3060Ti
4K
3840×2160
RTX 3080
RTX 3080Ti
RTX 3080Ti
RTX 3090
RTX 3070
RTX 3070Ti
リンク集:グラボ別のおすすめゲーミングPC一覧
目次
TOP
目次 (タップで移動)
閉じる