【初心者向け】BTOのゲーミングPC購入前の疑問をまとめて解決!

  • 初心者だけどゲーミングPCってなんなの?
  • BTOパソコンとはどういうモノなの?
  • ゲーミングPC買う前に色々とわからない!

こんな疑問や心配事を解消する記事です。

タイトルに「初心者向け」と入れた通り、パソコンに馴染みのない方でもわかる表現を心掛けますのでご安心ください。

目次 (タップで移動)

ゲーミングPCの定義は「グラボを持つパソコン」

グラフィックに特化したパーツ(グラボ)が搭載されるパソコンです

ゲーミングPCはグラフィックボード(略してグラボ)というパーツを搭載しているので映像処理に優れます。

明確な定義はないので、へえーそうなんだくらいでOKです。

普通の事務作業に使うパソコンにはグラボはなくて、他のパーツ(CPU)が兼任してますが、ゲームのような綺麗なグラフィックをグリグリ動かすには大きい負荷が掛かりますので、グラボが必要になるワケですね。

初めてのゲーミングPCはどこで買う?

BTOパソコンメーカーが販売するゲーミングPC一択だと思います。

ゲーミングPCの入手経路はいくつか考えられますが、初めてのゲーミングPCはBTOメーカーから買いましょう。

入手方法〇 メリット× デメリット
BTOパソコン詳しいパソコン知識は不要
故障してもプロに任せれば良い
ケースのデザインは限られる
選択肢が多く選ぶのが難しい
中古を買う(壊れなければ) 安い状態の良否か判断できない
保証がないので故障したらアウト
パーツから組み立て
(自作パソコン)
全パーツをこだわって選べる
オシャレなケースが選べる
構成次第では安く済む
パーツの相性を自分で調べて収集
組み立てる知識と手間が必要
故障の原因調査対応は自分でやる
既存パソコンを改造追加パーツだけで安く済むパーツ間の相性を調べる知識が必要
故障の原因調査対応は自分でやる
ゲーミングPCの入手方法別のメリット・デメリット

余談ですが・・「自作の難易度はプラモデルみたいなもの」という人もいますがそんなことはないです… 理由はパーツ同士の相性や物理的に収まるかを自分で調べないと、そもそも組み立てをスタートできないからです。

BTOパソコンとは何?もう少し詳しく

好みの構成にカスタマイズ・注文できるパソコンです。

Build To Order注文(オーダー)に沿って組み立てる(ビルド)ことで、欲しいパーツ構成を注文するとプロが組み立ててくれる受注生産型のパソコンです。

つまりBTOのゲーミングPCは、ゲームができるようにグラボを搭載していて、好みの構成にカスタマイズして作ってもらえるパソコンです。

カスタマイズの例を挙げると、性能はそこそこでいいけど、趣味で作成・収集している動画や画像データをいっぱい保管したい人は、その部分(データ保管の性能)だけ強化した形で注文できます。

BTOパソコンのメーカーはどんな会社?

マウスコンピューター/ドスパラ/パソコン工房/フロンティアなどが有名です

馴染みが無いかもしれませんが、大手電機メーカーグループの傘下であることが多いですね。

また当サイトが選び方と各メーカーから選んだオススメ機種を紹介するので、知らなくても大丈夫です。

ちなみに国内の大手電機メーカー(東芝/富士通/NECなど)はゲーミングPCの分野ではまず登場しません(あってもコスパが悪いです)。

BTOのゲーミングPCはどこで買える?

①ネット通販 ②実店舗のどちらかです。

BTOメーカーの実店舗は都市圏にしかないので、近くに店舗がない方はネットで買いましょう。

実店舗なら用途に応じて適切なアドバイスをくれるのでネットよりオススメです。。。

当サイトも実店舗に負けないよう解説できるよう心掛けます。

BTOのゲーミングPCの値段は?

10~50万円です、高性能なほど高くなります

オフィス作業用パソコンより高い性能が必要なため、予算としては最低10万円は必要です。

どの価格帯のパソコンを選べばいいかというと「プレイするゲームタイトルや用途次第 」という面白味のない回答になってしまいます、が事実です

「初心者が知りたいのはソコだ」というニーズになんとか丁寧に回答したいと思いますので、是非とも当サイトを読み進めてもらえればと思います。

BTOのゲーミングPCを買う時の支払い方法は?

普通の通販と同じ、複数の方法があります

メーカーによってまちまちですが、下記のような支払い方法を選べます。

  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • 代金引き換え
  • 銀行振り込み
  • 各種~ペイ
  • PayPal

クレジットカードを持っていない方もコンビニ決済等を使えば問題ないですね。

BTOのゲーミングPCを買うと何年間使える?

普通のパソコンと同じです、ゲーミングPC/BTOだから長い/短いワケではないです

なので運悪く故障したりしなければ、5年やそれ以上ばっちり動いてくれます。

性能面で考えると、新しく発売されるゲームはどんどん高画質化が進むので、常に最新のゲームを最高画質で遊ぶことは難しくなっていきますが、ここはどうしようもありませんね。

ゲーミングPCの他に必要なものは?

周辺機器が必要です、もちろん手持ちのモノでもOK

  • モニター(ディスプレイ)
  • マウス
  • キーボード
  • ゲームコントローラー
  • スピーカー/ヘッドホン
  • インターネット環境

予算が決まっている場合はゲーミングPCに加えて購入する周辺機器も考慮しましょう。

周辺機器ではないですが、インターネット環境も必須といっていいでしょう。

ノート型ならモニターとキーボードは不要になりますね。

ノート型パソコンはオススメしません

ゲーミングPCはノート型ではなく、まずはデスクトップ型を検討しましょう。

デスクトップ型 ノート型
コスパ
(性能対価格)
良い悪い
持ち運びしやすさ 悪い良い
ゲーミングPCのタイプ比較

一般的なパソコンと違い、 ゲーミングPCは高性能なCPUやグラボの発熱が激しいため、冷却性能を確保するために大きな筐体が必要です。

ノート型は携帯性重視の筐体にパーツをぎっしり詰め込んでいるので、排熱がしづらい分故障しやすくなります(ここは統計データがある訳ではないですが間違いないです)。

絶対に頻繁に持ち運ぶぞ’!という方以外はデスクトップ型を選びましょう。

BTOのゲーミングPCが壊れたら修理してくれる?

家電と同じような感じです、条件を満たせば無償で修理してくれます

保証期間内で保証書があって意図的に壊してないよね~等々っていうアレですね、メーカーごとに規約内容は様々です。

保証期間は購入後1年間はまず付いていて、購入時の有償オプションで3年や5年に延長できる場合もありますが、メーカーや機種によって様々です。

初心者はゲーミングPCの機種をどうやって選べばいい?

まずは主要パーツであるグラボ(グラフィックボード)を選びましょう。

目次
TOP
目次 (タップで移動)
閉じる