RS-HDSW21-8Kを購入レビュー|4K120Hz対応HDMI切替器

1つのモニターにゲーム機とパソコンを同時に繋ぐ場合、いちいちモニターを操作して画面入力を切り替えるのが面倒な方にオススメなのがHDMI切替器(セレクター)

HDMI切替器があれば、モニターをポチポチ触らなくてもワンタッチで画面入力元をサクッと切り替えられます

ただHDMI切替器を選ぶ時に難しいのが、下記ポイントではないでしょうか。

  1. どれを選べばいいか分からない(怪しい海外製が多い…)
  2. 最新世代のゲーム機(PS5・XBOX)に対応しているか分からない

こんな方にオススメなのが、ラトックシステムの「RS-HDSW21-8K」です。

RS-HDSW21-8Kの特徴
  • PS5とXBOX SeriesXで動作確認済み
  • 4K×120Hzに対応、8K×60Hz対応
  • 入力はHDMI×2、出力はHDMI×1
  • 入力ソースの切替は手動のみ
  • 日本のメーカー製 (説明書は日本語)

PS5をこれからゲットする予定の方も、せっかくHDMI切替器を買うならバッチリ対応しているRS-HDSW21-8Kを検討してはいかがでしょうか。

以降で実際に購入して使って分かったことを紹介していきますね。

目次 (タップで移動)

RS-HDSW21-8Kの仕様・外観

RS-HDSW21-8Kは、2入力+1出力のHDMI切替器です。

製品型番RS-HDSW21-8K
メーカーラトックシステム
インタフェース入力:HDMI×2
出力:HDMI×1
最大出力
解像度
8K(7680×4320)×60Hz
4K(4096×2160)×120Hz
フルHD(1920×1080)×240Hz
HDCPHDCP 2.3/1.4準拠
ビデオ帯域48 Gbps
電源電圧DC+5V/1A
(USB ACアダプタ付属)
サイズ
重さ
78.5 x 51.5 x 13 mm
60g(本体のみ)

RS-HDSW21-8Kのパッケージ内容は4つ。

  • RS-HDSW21-8K (本体)
  • USB-AC電源アダプター
  • USB給電ケーブル(約1m)
  • ユーザーマニュアル

本体サイズは想像していたよりコンパクトでした。500円玉と比べるとこんな感じ。

本体はアルミのようなマットな手触り、頑丈そうで”つくり”が良いです。

電源ケーブルは片側がUSB-A、本体に挿す方がMicro USB。

OUTPUTと書かれている端子とモニターをHDMIケーブルで接続します。DC/5Vと書かれているのが電源用ですね。

反対側に入力端子が2つ。こちらにゲーム機やパソコンの差し込みましょう。

本体サイズは「長辺約78.5mm、短辺 51.5mm、高さ13mm」。

HDMIケーブルは付属していません。

HDMI切替器のデメリットはケーブルが1本追加で必要になることですね。

高性能マシンならHDMIケーブルも重要

4K×120fpsを出せるPS5やゲーミングPCを繋ぐ場合はHDMIケーブル選びが重要

モニター/マシン/切替器が高性能でもケーブルがショボいと意味ないです。スペックを活かすなら「ウルトラハイスピードHDMIケーブル」を使いましょう。

*ゲームをしないなら普通のHDMIケーブルでOKです

RS-HDSW21-8Kの特徴をレビュー

RS-HDSW21-8Kを実際に使って分かったことを紹介します。

画面の切り替えは手動のみ

中央のボタンを押すとINPUT1⇔INPUT2が切り替わります

選択した入力側のLEDが青く光るで、どちらの入力元を選んでいるかわかります。

切替ボタンはカチッと音がしてクリック感があるので、押せてないかな?と思うことは無いです。

他製品で機器が接続されると自動で切り替わるタイプの切替器もありますが、RS-HDSW21-8Kは必ずボタンを押さないと切り替わりません。

デメリットに聞こえるかもしれませんが、勝手に信号を拾って不本意に切り替わることがないので確実です

画面の切り替わり時間は5秒くらい

実際に切り替えてみた様子はコチラ(見づらくてすいません)

Windows ⇔ Mac で切り替えを行いました。暗転して画面が表示されるまで5秒くらい掛かります。

切替器のタイムラグはほとんどなく、OS・モニター側の処理時間が大半のようですね。

PS5・XBOX・ゲーミングPCで動作確認済み

ゲーマーなら外せないのが最新世代のゲーム機に対応している点ですね。

製品の公式サイトにはPS5・XBOX Series Xで、4K/120Hzで画面出力されている動作検証の様子がアップされてます。

もちろんゲーミングPCもOK。

4K解像度で120fpsのフレームレートを出せるハイスペックマシンを持っている人は少ないと思いますが、HDMI切替器をこれから買うなら高性能なモノを選ぶのはアリだと思います。

電源接続なしでも動いたけど・・・

付属のUSBの電源アダプタなしでも動きました。マニュアルによると、

接続する機器によりHDMI機器からの給電で動作する場合がありますが、動作を安定させるために添付のACアダプターをお使いください。

高リフレッシュレートの映像や4K以上の高画質な映像を入力する場合は必須と考えた方がよいでしょうね。

僕は解像度UWQHD(3440×1440)のウルトラワイドモニターで電源接続なしで使えています。。。

あくまで参考情報です。推奨されない使い方なので電源にちゃんと接続しましょう!

RS-HDSW21-8Kはこんな人にオススメ

RS-HDSW21-8Kは「複数のゲーム機(PS5・XBOX・ゲーミングPC)1つのモニターに繋ぎたい人」にオススメです。

ただPS4・Switchや一般的なパソコンを使う場合は、もっと安価で入力端子も多いHDMI切替器も候補として検討した方が良いです。

ゲーム好きでHDMI切替器が欲しいなという方は是非検討してみてくださいね。

RS-HDSW21-8K レビューまとめ

ということで4K/120Hzに対応したHDMI切替器「RS-HDSW21-8K」のレビューでした。

ゲーム好き+HDMI機器を頻繁に切り替えたい方にオススメです。

目次
TOP
目次 (タップで移動)
閉じる