【機種一覧】2021年発売のウルトラワイドモニター

仕事・テレワークにオススメのウルトラワイドモニター|高コスパ機種5選

パソコン作業の外部モニター(ディスプレイ)として「ウルトラワイドモニター」を強くオススメします!

 僕(管理人)はコロナによるテレワーク(リモートワーク)開始以降、ウルトラワイドモニターを仕事用として2年近く使用し続けています。

僕の自宅デスクの様子、会社支給パソコンを接続して使っています

管理人

本当にウルトラワイドモニターを選んで良かったと日々感じます!

仕事で使い続けて分かったウルトラワイドモニターのメリットは3つ。

  1. 複数ウィンドウは横に並べると見やすい
  2. 超横長ウィンドウでも広々と表示できる
  3. 長時間の作業でも横長モニターは疲れにくい

各メリットについてもう少し具体的に、4Kモニターやデュアルモニター(2台構成)と比べて、ウルトラワイドモニターだからこそ得られるメリットに絞ってご説明します。

この記事の内容
  • ウルトラワイドモニターをオススメしたい理由
  • 仕事用のウルトラワイドモニターを選ぶポイント
  • コスパの良いおすすめ機種ご紹介

他にも用途/特徴ごとにオススメのウルトラワイドモニターをまとめています

目次 (タップで移動)

仕事・テレワークでウルトラワイドモニターを使う3つのメリット

メリット① ウィンドウは横に並べると見やすい

コン作業の時にウィンドウを複数並べる際は、縦でなく横にウィンドウを並べることがほとんどではないでしょうか。

メリット② 横長ウィンドウを広々と表示できる

表計算ソフトをウルトラワイドモニターで表示した様子
表計算ソフトとウルトラワイドは相性Good

たまにないでしょうか? Excelファイルを開けたら超横長でビックリ!なんてこと…。

超横長ファイルでの作業中、横にスクロールしたり戻ったりする場合、何度も動かす煩わしさがありますし、目線を落とすことで集中しづらいのでミスが起きやすくなります。

長期の日程表や多くの要素を扱う場合はどうしても超横に長いファイルになってしまいますよね。そんな時にウルトラワイドモニターなら多くの列を一度に表示できます。

管理人

横長ファイル全体を見渡せる快適さを味わうと、普通のモニターには戻れません!

このメリットはモニター2枚を並べるデュアルモニターに勝っている部分です。
画面周囲の縁(ふち)は最近のモニターは1㎝程ですが、映像がそこで物理的に途切れていることに変わりはありません。

ウルトラワイドモニターは縁がないから良い

ウルトラワイドモニターは画面の切れ目がないため、左右に長いExcelシートや動画編集ソフト等と相性抜群です!

メリット③ 長時間の作業でも横長モニターは疲れにくい

ウルトラワイドモニター単体というより、4Kモニターと比較した場合のメリットです。

仕事で使うモニターとなると数時間以上は目を向けている姿勢になりますよね、そしてそれを何日も何か月も繰り返すことになります。

モニターは目線と同等以下が良いとされています(厚生労働省)が、4Kは超高精細なので30インチ超のモニターを近い距離で見ることになり、どうしても見上げる姿勢になってしまいます。

よって表示できる情報量を増やしたい(高い解像度が欲しい)場合、横に長いウルトラワイドは作業効率と疲れにくさの両方に貢献してくれます!

4Kモニターとウルトラワイドモニターの比較
ウルトラワイド vs 4K

仕事・テレワーク用のウルトラワイドモニターを選ぶ時のポイントは2つ

機種を選ぶ時に重要なのは、解像度と価格です。

仕事用のウルトラワイドを選ぶポイント
  1. 解像度
  2. 価格

ウルトラワイドは3万~20万円とかなり価格が幅広いのですが、オフィス作業用途だけなら高価の機種は不要なので安心してください

とはいえ、ウルトラワイドモニターだけで50機種類以上はあるので、国内の全ウルトラワイドのスペックを調査した僕が、コスパがいい仕事・テレワーク用のウルトラワイドモニターの選び方を説明します。

先に具体的な機種を知りたい方はスキップして頂けます。

画面サイズ・解像度のオススメは34インチ・UWQHD(3440×1440)

仕事・テレワーク用モニターで最も重要なポイントは、表示できる情報量つまり「解像度」が高いことです。画面サイズは解像度に合わせてコスパが良いサイズを選びましょう。

サイズ:物理的な画面の大きさ(テレビと同じで単位はインチ)
解像度:画面を構成する粒(画素)の量(=画質の良さ/表示できる情報量の多さ)

結論からいうと、仕事用途で最もオススメなのは、
画面サイズ:34インチ、解像度:UWQHD(3440×1440)のウルトラワイドモニターです、迷ったらこのスペックにしてください。

ウルトラワイドモニターの画面サイズ・解像度とオススメ用途の詳細を解説した記事もご覧ください。

仕事用なら解像度はUWQHD(3440×1440) 以上が望ましい

スクロールできます
29-30
インチ
34-35
インチ
37.5
インチ
39.7
インチ
UWFHD
2560
x 1080
低コスト最優先ならコスパ中途半端 機種なし機種なし
UWQHD
3440
x 1440
機種なし最もオススメ 機種なし機種なし
UWQHD+
3840
x 1600
機種なし 機種なし高価なためコスパ微妙 機種なし
5K2K
5120
x 2160
機種なし高精細すぎて文字小さい 機種なし20万円出せるならアリ…
【サイズ×解像度別】コスパのオススメ度

ウルトラワイドの解像度4種を重ねた図がこちらです。

ちろん他の組み合わせだと困る訳ではありませんが、広い作業スペースが得られかつコスパが良いのはUWQHD(3440×1440)です。

解像度画素数オススメ度
2560
x 1080
276万 フルHDが少し広くなった程度、もう一つ上のランクもぜひ検討頂きたい
3440
x 1440
495万 オススメの解像度、広い作業スペース、5~6万円ほどの機種ならコスパ良し
3840
x 1600
614万 UWQHD(3440×1440)の倍くらいの価格(10万円オーバー)だが、そこまで解像度は差がない、コスパはやや微妙
5120
x 2160
1,105万 めちゃめちゃ広い作業スペースを得られる最強クラスだが20万円也!予算が許すならオススメ
ウルトラワイドモニター(21:9)の解像度

最も安価なUWFHD(2560×1080)なら3万円前後ですが、長く使うのなら解像度「UWQHD (3440×1440)」を強くオススメします。

画面サイズ・解像度別のウルトラワイドモニターの価格

ざっくりですが、各サイズ・解像度のウルトラワイドモニターの価格を記載しました、セール等で大きく割引があったりしますので、あくまでイメージと思ってください。

徐々にウルトラワイドの人気が高まっているので、小~中クラスはかなりコスパがいいです。

スクロールできます
29-30
インチ
34-35
インチ
37.5
インチ
39.7
インチ
UWFHD
2560
x 1080
3~4万円 4~5万円 機種なし機種なし
UWQHD
3440
x 1440
機種なし 5~10万円 機種なし機種なし
UWQHD+
3840
x 1600
機種なし 機種なし14~18万円 機種なし
5K2K
5120
x 2160
機種なし12~16万円 機種なし22万円
【サイズ×解像度別】コスパのオススメ度

その他の機能は使用環境や好みで検討しましょう

平面・曲面(湾曲)タイプかは気にしなくてOK

モニターの表面形状は平面と曲面がある

どちらでも問題ありません。これまで曲面タイプを使用したことがない方は若干不安かもしれませんが、すぐに慣れます。平面か曲面かよりも性能やコストを重視してよいです。

管理人

初のウルトラワイドが曲面でしたが、1時間で慣れました

画面が非光沢がオススメ、だけど選ぶ時は気にしなくてOK

光沢があるモニターとないモニターの図

目の疲れ軽減を考えると絶対に「非光沢」がオススメですが、国内のウルトラワイド全てのスペックを調べた結果全て非光沢でしたので安心してください。

機能選ぶポイント
HDMI端子数
モニターと機器を繋ぐケーブル
パソコン以外にもSwitch等のゲーム機を接続する場合は要チェック
USB-Cでの
PC接続可否
モニターと機器を繋ぐケーブル
MacBook等とUSB-Cケーブル1本で映像・電力をまかなえる機種は価格が高めになるので不要なら避けるべき。必要な場合はこちらの記事を参照ください。
 USB-C1本で接続できるモニターの選び方とおすすめウルトラワイド機種【USB PD/DP Alt/Thunderbolt
スピーカー有無
モニターから音声が出る
会社支給のノートパソコンがある場合は、モニターのスピーカーはなくても良いですね。
高さ・向き調節
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: monitor-icon-hight-1.png
できれば調節できる方がベター。モニターアームを使わない場合は要チェック
液晶パネル
TN・VA・IPSという3種類のモニター
TNのウルトラワイドはないのでIPSとVAから選択、迷ったら視野角が広いIPSがオススメ
リフレッシュレート
応答速度
仕事用だけなら一切気にする必要ありません。
ちらつき防止
最近のモニターはちらつき防止機能まず間違いなくあるので気にしなくてOK(ブルーライトの影響有無は科学的根拠がないので当サイトでは触れません)

仕事用・テレワーク用のウルトラワイドモニターの選び方 まとめ

おすすめのウルトラワイドモニターまとめ
  • 解像度UWQHD(3440×1440)がオススメ
  • それ以外の機能は使用環境やコストと相談して決定
  • 平面タイプか曲面タイプかは重視しなくても良い
管理人

テレワーク環境がウルトラワイドモニターで快適過ぎて、ずっと家で働きたくなるかもしれません…

仕事・テレワーク用のウルトラワイドモニター オススメ機種

スクロールできます
機種
29WN600-W

29WP500-B

34WN750-B

35WN75C-B

U4021QW
メーカーLG LG LG LG Dell
サイズ 29インチ 29 インチ 34インチ
35インチ39.7インチ
解像度2560
x1080
2560
x1080
3440
x1440
3440
x1440
5120
x2160
特徴特に欠点がない良コスパな29インチスピーカー/高さ調節/DP端子が無い万人にオススメのコスパ抜群の34インチ曲面でUSB-C接続に対応、必要ならコスパ良し4Kを超えるド級の解像度、価格はその分高い
仕事にオススメのウルトラワイドまとめ
スクロールできます
29-30
インチ
34-35
インチ
37.5
インチ
39.7
インチ
2560 x 1080オススメ機種
をみてみる
3440 x 1440 オススメ機種
をみてみる
3840 x 1600
5120 x 2160 オススメ機種
をみてみる

29インチ・UWFHD(2560×1080)のオススメ機種

29インチのオススメ機種は2つ、どちらもLG製で機種名が似ているので分かりづらいですが違い3つです。29WP500-Bの方が安価な分、スピーカー/高さ調節/ディスプレイポート端子がありません
それ以外は同じ機能といってよいので、価格と上記3つの要否を踏まえて選べば、どちらもコスパが良い機種2つです。

LG 29WN600-W

画面サイズ(インチ数)
29インチ
以上
34インチ
以上
37インチ
以上
39インチ
以上
表示できる情報量の多さ(解像度)
2560
x1080
3440
x1440
3840
x1600
5120
x2160
ゲーム性能 (最大リフレッシュレート)
60 Hz
以上
75 Hz
以上
100Hz
以上
144Hz
以上
200Hz
以上

LG 29WP500-B

画面サイズ(インチ数)
29インチ
以上
34インチ
以上
37インチ
以上
39インチ
以上
表示できる情報量の多さ(解像度)
2560
x1080
3440
x1440
3840
x1600
5120
x2160
ゲーム性能 (最大リフレッシュレート)
60 Hz
以上
75 Hz
以上
100Hz
以上
144Hz
以上
200Hz
以上

34インチ・UWQHD(3440×1440)のオススメ機種

最もオススメしたい34インチクラスでコスパのいい2機種を紹介。どちらもコスパ抜群なんですが、機能に違いがあるのでチェックしましょう。
どちらもLGで、 34WN750-Bより35WN75C-Bの方が高い分、①曲面モニター②100Hzのリフレッシュレート③USB-C接続可能、という3つのプラス要素があります。

①曲面or平面は好みですが、個人的には画面端の視野角が緩やかになる曲面がオススメ
②ディスプレイポート接続なら100Hz出るのでアクションゲームも滑らかに表示可能
③USB-C端子でパソコンからの映像入力と給電が可能なので、MacBook等とUSB-Cケーブル1本繋げばデスク周りがすっきり
この3つのポイントの要否と価格をみて選びましょう。このクラスはLGが機種のバリエーションが多くてコスパがかなり良いです。

LG 34WN750-B

画面サイズ(インチ数)
29インチ
以上
34インチ
以上
37インチ
以上
39インチ
以上
表示できる情報量の多さ(解像度)
2560
x1080
3440
x1440
3840
x1600
5120
x2160
ゲーム性能 (最大リフレッシュレート)
60 Hz
以上
75 Hz
以上
100Hz
以上
144Hz
以上
200Hz
以上

LG 35WN75C-B

画面サイズ(インチ数)
29インチ
以上
34インチ
以上
37インチ
以上
39インチ
以上
表示できる情報量の多さ(解像度)
2560
x1080
3440
x1440
3840
x1600
5120
x2160
ゲーム性能 (最大リフレッシュレート)
60 Hz
以上
75 Hz
以上
100Hz
以上
144Hz
以上
200Hz
以上

39.7インチ・5K2K(5120×2160)のオススメ機種

決して安くはありませんが予算に余裕のある方はチェックしてみてください(約20万也..)
(8Kを除いて)4Kを超える5K2K(5120×2160)のウルトラワイドは、他にLGの34WK95U-Wがありますが、ドットピッチが小さすぎるので、このU4021QWの方がオススメです。
モニターとしての機能も「全部乗せ」で最強のウルトラワイド。唯一の欠点はリフレッシュレートが低いこと、なのでアクションゲームをバリバリやる場合は避けましょう。

Dell U4021QW

画面サイズ(インチ数)
29インチ
以上
34インチ
以上
37インチ
以上
39インチ
以上
表示できる情報量の多さ(解像度)
2560
x1080
3440
x1440
3840
x1600
5120
x2160
ゲーム性能 (最大リフレッシュレート)
60 Hz
以上
75 Hz
以上
100Hz
以上
144Hz
以上
200Hz
以上

仕事・テレワーク用のウルトラワイドモニター オススメ機種 まとめ

スクロールできます
機種
29WN600-W

29WP500-B

34WN750-B

35WN75C-B

U4021QW
メーカーLG LG LG LG Dell
サイズ 29インチ 29 インチ 34インチ
35インチ39.7インチ
解像度2560
x1080
2560
x1080
3440
x1440
3440
x1440
5120
x2160
特徴特に欠点がない良コスパな29インチスピーカー/高さ調節/DP端子が無い万人にオススメのコスパ抜群の34インチ曲面でUSB-C接続に対応、必要ならコスパ良し4Kを超えるド級の解像度、価格はその分高い
仕事にオススメのウルトラワイドまとめ
管理人

コスパ重視だとLGだらけになりましたね…それぞれの特徴をみつつチェックしてみてください

目次 (タップで移動)
閉じる