【LG 34WQ75C-B購入レビュー】全員コレでいいのでは? 欠点なしの万人向けウルトラワイド

ウルトラワイドモニター「LG 34WQ75C-B」を買ったのでレビューします!

国内のウルトラワイドモニターのスペックは全てチェックしてきたつもりですが、ついに欲しい!と思う機種出ました、ので勢いでポチりました。

機能の多さに対する価格が優れており、ウルトラワイドを検討中の方に迷ってらコレ!といえる機種に仕上がってますね。

LG 34WQ75C-B
総合評価
( 5 )
メリット
デメリット
  • リフレッシュレートは60Hzなので、高性能グラボは活かせないスペック
目次 (タップで移動)

スペックをチェック|34WQ75C-B

主要スペックだけ抜き出しました、34WQ75C-Bの仕様をざっくりチェックしてみましょう。

画面サイズ34インチ
解像度3440×1440
液晶パネルIPS / 曲面
表面処理非光沢(アンチグレア)
リフレッシュレート60 Hz
映像入力端子HDMI ×2
DPort ×1
USB-C ×1
USB-C機能映像出力:〇
PD給電:〇 (90W)
データ転送:〇
PBP機能対応
高さ向き調節高さ:110mm
縦向:-5°~ 20°
横向:×
回転:×
VESAマウント100×100 mm
スピーカー7W+7W
リンク公式サイト
34WQ75C-Bの主要スペック

34WQ75C-Bはモニターに求められる機能はほとんど搭載しているのが強み。バリバリ高性能のゲーミングPCを繋ぐ以外の用途はなんでもこなせるスペックです。

仕事・作業用モニターの主要な機能は下記だと考えています。

  1. 画面サイズ:34インチ以上
  2. 解像度:3440×1440以上
  3. 液晶パネルが「IPS」
  4. USB-C接続+給電が可能
  5. PBP機能に対応
  6. スピーカーあり

これらの機能すべてに対応する機種はそんなに多くはありません、あっても10万円前後のハイエンド機種だけだったりします。

、この34WQ75C-Bは7万円以下でこれら機能の全部入り機種として登場してくれました。

リフレッシュレート=60Hzなので、アクションゲームをヌルヌル滑らかに表示するのは無理ですが、その他ゲームをする分には全く問題ありません。

USB-C接続できるメリットとは?

USB-Cケーブル1本で、モニターとパソコンを繋ぐだけで下記が実現できます。

  1. パソコンへの給電
  2. パソコンからの映像入力
  3. パソコンからの音声入力
USB-C接続のメリット

さらに! 今回僕が買った「34WQ75C-B」は、LANポートとUSB端子も備えているので、パソコン側に挿していたLANケーブルやUSB周辺機器もモニター側にまとめることができます。

これによって、ノートPC接続の度に電源ケーブルと映像ケーブルを挿す手間から解放されます。

管理人

頻繁にパソコンを持ち運ぶ人はマストの機能といえます

外観・同梱品チェック|34WQ75C-B

同梱物

外箱は段ボール素材の直方体、この状態のまま到着しました。箱のサイズは 97cm×52cm×18cm程度です。

モニター本体以外の同梱物はこんな感じ。スタンドの脇にある小さいやつはケーブルガイドです。

  • スタンド
    • スタンドのアーム
    • スタンドの足
    • ケーブルガイド
  • ケーブル類
    • HDMIケーブル
    • DisplayPortケーブル
    • USB-Cケーブル
    • 電源ケーブル
  • 紙類
    • 簡易マニュアル
    • 保証書
    • キャリブレーションレポート

3種類の映像ケーブルが付いているのはポイント高いですね。届いたらすぐにパソコンと接続して使い始められます。

こういう所をケチらないのはホントにありがたいです。

取扱説明書は簡易的なものなので、詳細なマニュアルは公式サイトからダウンロードすることになります。

電源アダプタはモニター本体内蔵なので電源ケーブルはサクッと挿すだけ。

USB-Cケーブルは両端ともにタイプC形状、これ1本で「映像・音声・給電・データ転送」が可能です。

工場出荷時にキャリブレーション済み、とのことです。

スタンドの組み立て

モニター本体にスタンドを取り付けます。ドライバーなど工具は一切不要です。

こんな形の発泡スチロールが入ってます。これにモニター本体を載せつつスタンドを付けるみたいですね。

スタンド取り付けのために、モニターを伏せた状態にします。

スタンドアームは高さ調節に対応。下向きに下がらないように黒い発泡スチロールが窪みについているので外しておきましょう。

説明書ではスタンドのアーム部分を先にモニターに取り付けてから足部分を繋げる流れになってます、どちらでも問題ないです。

スタンドのアームと足部分を接続、取っ手が付いたネジを回すだけ。手で回すだけで十分です。

スタンドの足は結構尖っているので注意しましょうね。。。

本体もスタンドもオールブラックのシンプルな外観。液晶はアンチグレア(非光沢)タイプです。

真上からの様子。平面モニターしか使ったことがない方でも、大きな違和感をなく使えると思います。

曲率(曲がり度合い)は公式サイトには載ってませんでしたが、海外サイトの情報によると1500Rみたいですね。

モニターの外観

モニターの外観をチェックしていきます。

モニターアーム絶対使いたい派なので、最終的にこんな↑感じになりました。

6.7kgなので大半のモニターアームが使えますね(僕はAmazonのアームを使いました)

液晶周囲のベゼルを計測。下は15mm、左右・上は3mmくらい。

背面の真後ろのインタフェース

インタフェースは2か所(背面の真後ろと右側)。真後ろにほとんどが密集しています。

背面の真後ろの端子
  1. USB(タイプB)アップストリーム
  2. USB3.0(タイプA)ダウンストリーム
  3. USB3.0(タイプA)ダウンストリーム
  4. USB(タイプC)アップストリーム
  5. LANポート
  6. HDMI 2.0
  7. HDMI 2.0
  8. Display Port 1.4
  9. 電源端子

パソコンと繋ぐ映像入力端子は④⑥⑦⑧になります

背面の右側のインタフェース

背面の右端にジョイスティックがあり、コレをコリコリ動かしてメニューを操作します。

背面の右側の端子
  1. OSDジョイスティック
  2. USB2.0(タイプA)ダウンストリーム
  3. USB2.0(タイプA)ダウンストリーム
  4. イヤホン端子

操作する時にいちいち画面裏に手を回すのは正直面倒なんですよね….

頻繁に操作する方はLGモニターの管理ソフト(On Screen Display)を入れるのがベターでしょう。

VESAマウントは100x100mm、ほとんどのモニターアームの取り付けができますね。

スタンド足部分の円弧は広めなので小型キーボードならピッタリ収まります。

機能・特徴をレビュー|34WQ75C-B

IPS液晶のため視野角は広い

ライバル機種と比較|34WQ75C-B

同様スペックの機種と比較してみる

34WQ75C-Bの導入を検討する時にライバルとなりそうな機種と比較してみます。

事務・仕事用途メインと想定しているので、ゲーミングモニターを除くためにパネルはIPS、リフレッシュレートは100Hz未満としました。

ライバル機種の選定基準
  1. 2020年1月以降に発売
  2. 画面サイズ:34インチ
  3. 解像度:3440×1440
  4. 液晶パネルが「IPS」
  5. リフレッシュレート100Hz未満

条件を全て満たすウルトラワイドモニターを抽出しました、機能・価格面で34WQ75C-Bの優位性があるかチェックしてみましょう。

スマホは横スクロールしてご覧ください

スクロールできます
34WQ75C-B
34WP85C-B
XUB3493WQSU
C3422WE
34WN750-B
形状曲面曲面平面曲面平面
映像端子HDMI ×2
DPort ×1
USB-C ×1
HDMI ×2
DPort ×1
USB-C ×1
HDMI ×2
DPort ×1
×
HDMI ×1
DPort ×1
USB-C ×1
HDMI ×2
DPort ×1
×
USB-Cの機能映像出力:〇
給電:〇 (90W)
データ転送:〇

LAN接続
映像出力:〇
給電:〇 (90W)
データ転送:〇

LAN接続
映像出力:〇
給電:〇 (90W)
データ転送:〇

LAN接続
PBP対応対応対応対応
スピーカー7W+7W7W+7W5W+5W5W+5W
高さ向き調節高さ調節〇
縦向調節〇
×
高さ調節〇
縦向調節〇
×
高さ調節〇
縦向調節〇
横向調節〇
高さ調節〇
縦向調節〇
横向調節〇
高さ調節〇
縦向調節〇
×
その他カメラ搭載
価格69,061円99,800円53,700円104,980円61,818円
価格は9月末のAmazon価格を参照

劣る部分を赤くしたのでチェックしてください(平面形状は劣っている訳ではないですけどね)

ざっとみて34WQ75C-Bの機能の充実度合いに対する価格の手頃さが際立っているのが分かると思います。

同等機能を有する機種(34WP85C-B/C3422WE)は10万円くらいで、ここまでくると上位の37.5インチクラスも候補に入ってきます。

USB-C接続に未対応だと少し安価になるので、USB-C接続の要否がキモになりますね。

管理人

 34WQ75C-Bが頭一つ抜けてコスパが高いですね (意外にもiiyamaもかなり良い…)

兄弟機「34WQ60C-B」との違いは?

LGのウルトラワイドは、スペックが少し違う兄弟機が同時期に発売されることが多く、34WQ75C-Bも弟にあたる「34WQ60C-B」がいます。

34WQ60C-Bはスペックが劣る代わりに安いんですが…正直いうと、今回は価格差が小さい割にスペック差が大きいため、コスパは34WQ75C-B(兄)の圧勝です。

スペックが違う部分だけ抜き出して比較します。

34WQ75C-B
34WQ60C-B
映像
端子
HDMI ×2
DPort ×1
USB-C ×1
HDMI ×2
DPort ×1
×
USB-C
機能
映像出力:〇
給電:〇 (90W)
データ転送:〇
その他
端子
ダウンストリーム端子
アップストリーム端子
ヘッドホンポート
LAN(RJ45)ポート
×
×

ヘッドホンポート
×
高さ向き調節高さ:110mm
縦向:-5°~ 20°
高さ:調節×
縦向:-5°~ 20°
スピーカー7W+7W
発売日2022年9月2022年7月
参考
価格
69,061円
執筆時Amazon価格
65,800円
執筆時Amazon価格
34WQ60C-Bと異なる点だけ比較した表

「34WQ60C-B」はUSB-C接続、高さ調節、スピーカーがない代わりに3,000円ほど安い、といった感じですね。

USB-C接続は絶対いらん!という方以外は、34WQ75C-Bにしておくことをオススメします。

管理人

USB-Cが使えるなら3000円程度の差は無視していいレベル

レビューまとめ|34WQ75C-B

評価結果

価格
総合評価

どんな人にオススメ?

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次 (タップで移動)