USB-C接続できるオススメのウルトラワイドモニターと選び方【USB PD/Thunderbolt】

・USB-C接続できるウルトラワイドモニターある?
・USB-C接続できるウルトラワイドの選び方は?
・USB-C対応のオススメ機種だけサクッと知りたい

こんな疑問にお答えします。

USB-C(USB Type-C)ケーブル1本で「パソコンの充電」と「モニターへの映像出力」を行うスタイルはいまや主流になりつつありますね。

パソコンとモニターをUSB-C1本で接続する様子

パソコンに挿すケーブルが1本なので、デスク周りがスッキリしますし、パソコンを持ち運ぶ時のケーブルの抜き差しが1回で済む等良いことづくめです。

この記事では、USB-C接続に対応しているウルトラワイドモニターが欲しいという方に向けて、モニター選びのポイントとオススメ機種をご紹介します。

この記事でわかること

USB-C接続できるウルトラワイドモニターの

  • 選び方のポイント3つ
  • サイズ別のオススメ機種

「USB-C」は端子の「物理的な形状」です。はUSB-C端子があっても映像出力や充電できないパソコンもあります。外見で判別できないので注意しましょう。

目次 (タップで移動)

USB-C接続対応モニターを選ぶ時の3つのポイント

USB-Cのコネクター先端

USB-Cケーブル1本でモニターを繋ぎたい場合、モニター選びのポイントは3つです。

USB-C接続モニター選び 3つのポイント
  1. パソコンへの給電性能が60W以上
  2. USBポートがいくつあるか
  3. ゲーミングモニターとして使うか

3つそれぞれ説明していきます。

ポイント① USB-C端子で60W以上給電できるか

モニターの給電性能(何W(ワット)をパソコンに供給できるか)は機種によって様々。低い場合は10W、高いと90W前後です。

消費電力は製品仕様をみると、30~60Wくらい。できるだけ60W以上の給電性能があるモニターを選びましょう。

・普通のノートPC  :45~65W
・13inch Macbook Air:30W
・Macbook Pro   :60W

実際に消費電力を測ってみた

普通のノートPCを使っている時の消費電力を測ってみました。

Outlookやブラウザ、Officeを起動している状態で放置している時は5~6Wくらい。

5つのパワポのファイルを起動してみると15W前後まで消費電力が上がりました

*ワットチェッカー(EC-05EB)でLenovo ThinkPad13を測定

事務作業レベルなら20Wもあれば足りるかもしれませんが、USBデバイスを接続したりソフトのアップデートが走っていると20Wでは厳しいでしょう。

電力不足でパソコンが不安定になる可能性があるので、60W以上のモニターがオススメです。

充電できないモニターもある

USB-C端子で映像入力できても、同時にパソコンを充電できるとは限りません。

モニターが「USB-C経由で充電できるか、何W出力できるか」確認しましょう。

この画像のモニター仕様の場合、65Wの給電ができると分かりますね。
この記事で紹介するUSB-C対応モニターは全て充電ができるタイプなのでご安心ください!

パソコンの製品サイトや付属ACアダプターに給電能力(何ワット)が書いてあります。専用のグラボを載せたゲーミングPCは100Wを軽く超える電源アダプタが必要なのでコンセントに繋ぎましょう。。。

電力が足りないとどうなる?

パソコンを充電できなかったり起動しなかったり。繋ぐマウスやキーボードの電力が足りないと動作が不安定になることも(どう動くかは製品の設計次第)

ポイント② USB-C対応モニターのUSBポート数

USB-C接続したモニターにUSB機器をまとめられる

電源ケーブルだけでなくUSB機器もモニター側にまとめてしまいましょう。

モニターをUSBハブとして利用すれば、USB-Cケーブル経由で「USB機器との接続情報」をやりとりできるようになります。

モニターのUSBハブ機能・・・マウスやUSBメモリを(モニターの)USB端子に繋げば、パソコン接続時と同様に使える機能

機種によってモニター側のUSB端子数は異なり、多いものだと5個のUSB端子が付いてます。端子の種類はタイプAが大半ですが、中にはタイプC端子も持つ機種があります。
USB機器もモニター側にまとめたい場合は、モニターのUSB端子数をチェックしましょう

補足:USB アップストリームとダウンストリーム

USBハブ機能があるモニターでは、マウスやキーボードを繋げる端子をダウンストリームと呼び、パソコンと繋げられる端子をアップストリームと呼びます。

LANケーブル接続できるモニターもある

無線接続する場合は関係ないですが、LANケーブルを挿せるモニター機種もあります。

USB機器に加えて有線LANケーブルもモニター側にまとめられれば更にスッキリしますね。パソコンはUSB-Cケーブルを通じてインターネット接続できます。

ポイント③ ゲーミングモニターとして使いたい場合は注意

カメラがブレるほど高速に進む自転車

選ぶポイントというか注意事項ですが、USB-C接続できるウルトラワイドモニターはリフレッシュレートが100Hz以下が大半です。

144Hz以上の機種は給電性能が10~15W程度なので、パソコンをゲーミングパソコンは充電できないと思った方がよいでしょう。

USB-C接続対応モニターの選びのポイントまとめ

下記3つのポイントを見てモニターを選びましょう!
  1. 60W以上の給電性能があるモニターがオススメ
  2. モニターをUSBハブとする場合はUSB端子数をチェック
  3. モニターによっては有線LANケーブルを繋げられる
  4. 高リフレッシュレートな機種は給電性能が低い

サイズ別オススメ機種|USB-C対応ウルトラワイド

USB-Cケーブル1本で接続できるウルトラワイドのオススメ機種をサイズ別にまとめました。

画面サイズ・解像度の選び方についてはウルトラワイドモニターの画面サイズや解像度を紹介した記事も併せてチェックください。

29インチのオススメ機種|USB-C対応ウルトラワイド

MAG301CR2 JN-IPS29WFHDR-C65W
イメージ
メーカーMSIJAPANNEXT
解像度 2560×1080 2560×1080
パネル VA / 曲面 IPS/平面
映像
入力端子
HDMI x2
DP x1
USB-C x1
HDMI x1
DP x1
USB-C x1
USB-C
給電性能
15 W65 W
USBダウン
ストリーム端子
USB Type-A x 2 USB Type-A x 2
LAN端子 × ×
コメント

最大リフレッシュレート200Hz。USB-C給電は15Wなので消費電力の大きいゲーミングPCはDPかHDMIが必須。普通のノートPCならギリギリなんとか充電できるかも

数少ない29インチクラスでUSB-C対応機器で給電性能も65Wと十分。29インチ・USB-C対応機器でリフレッシュレートも100Hzなのでゲームにも対応できる機種、最もオススメ。

34インチのオススメ機種|USB-C対応ウルトラワイド

スクロールできます
機種名M3434WP85C-BC3422WE
イメージ
メーカーhp LG Dell
解像度 3440×14403440×1440 3440×1440
パネル VA / 曲面 IPS/曲面 IPS/曲面
映像
入力端子
HDMI x1
DP x1
USB-C x1
HDMI x2
DP x1
USB-C x1
HDMI x1
DP x1
USB-C x1
USB-C
給電性能
65 W96W90W
USBダウン
ストリーム端子
USB-A 3.2 Gen 1 × 4USB 3.0 Type-A x 2USB 3.2 Gen1 Type-A x3
(1つは充電可)
USB-C x1 (最大出力15W)
LAN端子 × ×
HP M34d
hp

コスパが最も高いと思うUSB-C対応機種。HDMIは1つですがUSBダウンストリーム端子も4つ付いていて5万円くらいで手に入るのはかなりお得でしょう

USB-C接続もPBP機能も欲しい方はコチラ。34インチの仕事用ウルトラワイドとしては最も高機能な1台といえそうです。

LANケーブル端子とUSBダウンストリーム端子4つ(1つがUSB-C)でそこから充電も可能。更にはWebカメラがモニターに搭載されていてビジネス用途を意識した機種。リモートワーク環境を見直すならチェックする価値アリ。

37.5インチのオススメ機種|USB-C対応ウルトラワイド

スクロールできます
仕事用
オススメ機種
EW3880RU3821DW
イメージ
メーカーBenQDell
解像度 3840×16003840×1600
パネルIPS/曲面 IPS/曲面
映像
入力端子
HDMIx2
DPx1
USB-Cx1
HDMIx2
DPx1
USB-Cx1
USB-C
給電性能
60W 90W
USBダウン
ストリーム端子
USB 3.0 Type-A x 2USB-C x1(15W)
USB 3.2 Type-A x 4
(1つは充電可)
LAN端子× あり

37.5インチの中では低価格な方なのでコスパが最も良い機種。広大な作業スペースを確保したいならバランスに優れたこの機種がオススメ、リモコン付きなのも嬉しい

USBダウンストリーム端子5つも搭載されているので、パソコン側のUSBデバイスをすべてモニターにまとめられそう。LANケーブル端子も持ってます。

USB-C接続ウルトラワイドモニター選びのポイントまとめ

以下3つのポイントをチェックしながらUSB-C接続モニターを選びましょう。

下記3つのポイントを見てモニターを選びましょう!
  1. 60W以上の給電性能があるモニターがオススメ
  2. モニターをUSBハブとする場合はUSB端子数をチェック
  3. モニターによっては有線LANケーブルを繋げられる

USB-Cは今後主流となるであろうインタフェースですし、長く使うつもりのモニターを買うならUSB-Cに対応した機種を選びたいトコロですね。

USB-C接続対応のウルトラワイドモニター 機種一覧

USB-C接続対応のウルトラワイドの一覧です(スマホだと見づらいのでパソコン推奨)

2019年以降に発売した機種に絞ってます

特定の解像度に絞るフィルタ用ボタン

機種名メーカーサイズ
(インチ)
解像度
(横×縦)
最大
リフレッシュ
レート(Hz)
USB-C
給電力
(ワット)
PBP
機能
パネル曲面/平面発売年
34WK95C-WLG343440×14407560IPS曲面2019
LCD-GCWQ341XDBI-O DATA343440×14407520ADS平面2019
PA34VCASUS343440×144010060IPS曲面2019
439P9H1/11PHILIPS43.43840×120010075VA曲面2019
499P9H1/11PHILIPS495120×14407065VA曲面2019
49WL95C-WLG495120×14406085IPS曲面2019
T34w-20Lenovo343440×14407575VA曲面2020
35WN75C-BLG353440×144010094VA曲面2020
P3421WDell343440×14406065IPS曲面2020
EV3895EIZO37.53840×16006085IPS曲面2020
MAG301CR2MSI29.52560×108020015VA曲面2021
JN-IPS29WFHDR-C65WJAPANNEXT292560×108010065IPS平面2021
U3421WEDell343440×14406090IPS曲面2021
C3422WEDell343440×14406090IPS曲面2021
M34dhp343440×144010065VA曲面2021
34WP85C-BLG343440×14407596IPS曲面2021
34WP88C-BLG343440×14407596IPS曲面2021
MateView-GT-34-inch-Sound-EditionHuawei343440×144016510VA曲面2021
JN-IPS438DFHDR400-C65WJAPANNEXT43.83840×108012065IPS平面2021
U3821DWDell37.53840×16006090IPS曲面2021
38WP85C-WLG37.53840×16007596IPS曲面2021
EW3880RBenQ37.53840×16006060IPS曲面2021
49WL95C-WELG495120×14406085IPS曲面2021
U4021QWDell39.75120×21606090IPS曲面2021
PXC348CPixio343440×144014465VA曲面2022
S3423DWCDell343440×144010065VA曲面2022
40WP95C-WLG39.75120×21607296IPS曲面2022
機種名メーカーサイズ解像度最大
リフレッシュレート
USB-C
給電力
PBP
機能
パネル曲面/平面発売年

USB-C接続できるモニターはかなり増えていますが、搭載されていない機種よりやや高いのがデメリットです。

「USB-C接続は必須ではないかな」という方は、別の切り口でウルトラワイドモニターを探してみてはいかがでしょうか。

管理人

他の観点からもウルトラワイドを探してみてください!

ウルトラワイドモニターを探す

目次
TOP
目次 (タップで移動)
閉じる