34インチのウルトラワイドモニター|サイズ感+選び方とおすすめ機種紹介

・34インチってどんな大きさ?
・34インチのウルトラワイドの特徴は?
・選び方とオススメ機種が知りたい!

という方のために、34~35インチのウルトラワイドモニターについて詳しく解説します。

管理人

ほぼ同サイズの35インチも含みます

34インチのウルトラワイドの特徴はざっくりいうと下記です。

34インチのウルトラワイドとは
  • 大きすぎず小さすぎない丁度良いサイズ
  • 価格は幅広い、メジャーなのは5~8万円
  • ラインナップが豊富、迷ったら34インチがオススメ
  • ウルトラワイドで機種数が最多、選び方は要注意

それぞれ詳細を解説しますので、気になる部分だけでもチェックしてみてください。

また後半で機種選びのポイントとおすすめ機種を紹介します。

2018年以降のウルトラワイド全機種を調査したので、用途に合う機種が必ず見つかりますよ!

目次 (タップで移動)

34インチってどれくらいの画面サイズ・大きさ?

34インチはウルトラワイドの中間にあたるサイズ

ウルトラワイドのインチ別サイズ

34インチのウルトラワイドの大きさは、横79センチ・縦34センチ(スタンドや画面周囲の縁を除いた表示部分の寸法)

ウルトラワイドの中で中間に位置していて、中途半端ではなく、ちょうど扱いやすいサイズというほうが正しいです。

管理人も仕事やゲーム用に34インチのウルトラワイドを使用してますが、価格と機能のバランスがとれていて、誰にでもオススメできるサイズと感じます。

ウルトラワイドは何インチがイイ?と聞かれたら迷わず34インチと答えます

34インチのウルトラワイドの解像度は2種類

画質や作業効率に最も影響する「解像度」、必ずココはチェックして頂きたいです。

34インチ・ウルトラワイドの解像度は3種類。

解像度機種の多さ
(34インチ内比率)
オススメ度
UWFHD
(2560×1080)
2割以下 ゲーム用ならアリ
UWQHD
(3440×1440)
8割以上 オススメNo.1
5K2K
(5120×2160)
1機種だけ マニアック!
3440×1440を選べば間違いないです

上表の通りですが、機種数にする大半がUWQHD(3440×1440)、この組み合わせは全てのウルトラワイドモニターの中で最多。

高機能な機種から低価格コスパ重視の機種までラインナップ豊富なので、ウルトラワイドを検討する時にまず候補となるのが、「34インチ・解像度がUWQHD(3440×1440)」ですね。

単純な解像度を比べると、4Kモニターには及びませんが、実用性・使い勝手を考えるとウルトラワイドモニター特有のメリットがコスパ良く味わえます

34インチのウルトラワイドの特徴

34インチのウルトラワイドの価格はどれくらい?

お金と貯金箱

34インチは機種のバリエーションが多いため、だいたい5万~15万円と価格帯がかなり幅広いです。

ただし10万オーバーの機種は少なくて、ほとんどは5~8万くらいの間なので安心してください。

34インチのウルトラワイドはどんな人にオススメ?

様々な機種がラインナップされているので、用途を問わず万人にオススメしたいです

迷ったら34インチが絶対オススメです。

モニターの機能も価格も選択肢が多いので、誰にでもピッタリの1台が見つかるかと思います。

34インチのウルトラワイドモニターの機種の選び方

機種を選ぶ時は、5つのポイントをチェックしましょう。

  1. リフレッシュレート
  2. USB-C給電の可否
  3. 液晶パネルの種類
  4. PBPでの画面分割可否
  5. 曲面型か平面型か

リフレッシュレート|34インチ機種の選び方

34インチは機種が多いので、高リフレッシュレートの機種も豊富。

パソコンでゲームはしない、またはApex等の競技性の高いゲームはしない場合は気にしなくてOKです。

アクション性の高いゲームを滑らかに表示するには、モニターのリフレッシュレートが高い必要がありますが、ゲームはしない場合は高リフレッシュレートだとコスパが悪くなるので避けましょう。

USB-Cでの給電可否|34インチ機種の選び方

USB-Cケーブルでの映像入力に対応している機種が最近増えています。

もちろんパソコン側も対応している必要がありますが、ケーブル1本で映像・音声・電力がやり取りでき、更にモニターをUSBハブにできる場合もあります。

USB-C端子があるだけでは映像入力・給電ができるとは限りません。

この記事で紹介する機種はUSB-C端子での映像と電力を流せるか明記しますのでチェックしてみてください。

液晶パネル|34インチ機種の選び方

液晶モニターはパネルは種類あります。

液晶パネルはTN,VA,IPSの3種類があり、それぞに特徴がある

IPSは色表現がキレイで角度のある位置からでも見やすい広い視野角が特徴。

ゲームや動画鑑賞がメインならVA、黒が暗くてコントラストに優れたエンタメ映像向き、価格もIPSより手頃ですね。

IPSの方が高価ですが万能ですね、他の要素と合わせて検討しましょう。

PBP機能の有無|34インチ機種の選び方

画面を分割して表示できるPBP機能も要チェック。

大型モニターだと分割後もそこそこのサイズなので、モニター2台構成の代わりに34インチモニター1台にまとめられるかもしれませんね。

PBPとは1つのモニターに複数機器の映像を同時に表示する機能

画面を何分割できるか、どういった画面レイアウトができるか、という所は機種によって様々です。

PBP対応機種はやや高価な傾向があるので是非チェックしたほうが良いです。

曲面か平面か|34インチ機種の選び方

34インチに限らずウルトラワイドモニターは曲面タイプと平面タイプがあります。曲面だと視野角が改善されて左右の画面端が見やすいメリットがあります。

曲面型モニターは画面端が見やすくなる

ただ前述したように、IPSパネルは視野角が広いので平面でもOK、下記のように考えるのがオススメです。

曲面タイプ平面タイプ
IPSパネル視野角が広い曲面には劣る
VAパネルIPSには劣る画面端は見づらい

曲面型モニターは初めての場合は不安かもしれませんが、僕はすぐに慣れて違和感がなくなりました。

ゲーム用途の場合はどちらかというと曲面型がオススメです。

オススメの34インチのウルトラワイドモニター

「ゲーム用」と「仕事(パソコン作業)用」それぞれ3機種をチョイスしました、用途に合わせてチェックしてみてください。

ゲームにオススメの34インチウルトラワイドモニター3選

オススメNo.1 オススメNo.2 オススメNo.3
イメージ
機能
の詳細
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
メーカーLGHuaweihp
機種名34WP60C-B
34WP65C-B
MateView GTX34
解像度 3440×1440 3440×1440 3440×1440
最大
リフレッシュレート
160 Hz165 Hz 165 Hz
映像入力 HDMI x2
DP x1
HDMI x2
DP x1
USB-C x1
HDMI x1
DP x1
USB-C
給電性能
10W
形状 曲面 曲面 平面
高さ調節 *60C-Bは×
*65C-Bは〇
スピーカー ×
*65C-Bは〇
あり ×

第1位 LG 34WP60C-B / 34WP65C-B

すいません1位は2機種です。名前もスペックもかなり似ているLGの兄弟機。
34インチ・3440×1440かつリフレッシュレート160Hzで6万円未満って凄くないですか…。高リフレッシュレートでここまで価格が下がってくるとは驚きです。違いはスピーカーと高さ調節機能が65C-Bにはあって60C-Bには無い点。PIP/PBPやUSB-C接続がなくてOKならどちらもオススメ。

管理人

34WP60C-Bのスペックだけ載せておきます

画面サイズ(インチ数)
29インチ
以上
34インチ
以上
37インチ
以上
39インチ
以上
表示できる情報量の多さ(解像度)
2560
x1080
3440
x1440
3840
x1600
5120
x2160
ゲーム性能 (最大リフレッシュレート)
60 Hz
以上
75 Hz
以上
100Hz
以上
144Hz
以上
200Hz
以上

第2位 Huawei MateView GT

2021年にHuaweiがウルトラワイドに進出してデビューした良コスパな機種。リフレッシュレート165Hzまで対応しているのと、USB-Cでの映像入力に対応しているのがポイントです。USB-Cでの給電は10Wなので、ノートパソコンを繋ぐ時は給電性能が頼りない点は注意。

画面サイズ(インチ数)
29インチ
以上
34インチ
以上
37インチ
以上
39インチ
以上
表示できる情報量の多さ(解像度)
2560
x1080
3440
x1440
3840
x1600
5120
x2160
ゲーム性能 (最大リフレッシュレート)
60 Hz
以上
75 Hz
以上
100Hz
以上
144Hz
以上
200Hz
以上

第3位 hp X34

IPSで解像度3440×1440でリフレッシュレート165Hzで5万円を余裕で切る半端ないコスパマシン(記事作成時点)。価格重視ならコレ一択かもしれません。チェックしておきたいのは平面タイプでHDMI端子は1つだけという点、逆にいえばここがOKな方は迷わずX34です!

画面サイズ(インチ数)
29インチ
以上
34インチ
以上
37インチ
以上
39インチ
以上
表示できる情報量の多さ(解像度)
2560
x1080
3440
x1440
3840
x1600
5120
x2160
ゲーム性能 (最大リフレッシュレート)
60 Hz
以上
75 Hz
以上
100Hz
以上
144Hz
以上
200Hz
以上

仕事用にオススメの34インチウルトラワイドモニター3選

スクロールできます
機種名 35WN75C-B 35WN75C-B34WP85C-B
イメージ
機能
の詳細
詳細を確認する 詳細を確認する 詳細を確認する
メーカー LG LG LG
35WN75C-B 35WN75C-B 34WP85C-B
解像度 3440×14403440×14403440×1440
パネル IPS VA IPS
映像
入力端子
HDMI x2
DP x1
USB-Cなし
HDMI x2
DP x1
USB-C x1
HDMI x2
DP x1
USB-C x1
USB-C
給電性能
94W96W
形状平面曲面曲面
PBPなし なし 対応
高さ調節 あり あり あり
スピーカー あり あり あり

第1位 LG 34WN750-B

USB-Cはありませんが仕事用としてのコスパは最高クラス。平面タイプなので曲面が苦手な方にもオススメ(同スペックでモニターアームが標準で付いた34WN780-Bという機種もあり)

画面サイズ(インチ数)
29インチ
以上
34インチ
以上
37インチ
以上
39インチ
以上
表示できる情報量の多さ(解像度)
2560
x1080
3440
x1440
3840
x1600
5120
x2160
ゲーム性能 (最大リフレッシュレート)
60 Hz
以上
75 Hz
以上
100Hz
以上
144Hz
以上
200Hz
以上

第2位 LG 35WN75C-B

USB-C接続対応の曲面型モニター。 PIP/PBP機能が不要ならこちらの方がコスパが良いです。実はDisplayPort接続ならリフレッシュレート100Hzまで対応してるので、ゲーム用途でも活躍してくれます。

画面サイズ(インチ数)
29インチ
以上
34インチ
以上
37インチ
以上
39インチ
以上
表示できる情報量の多さ(解像度)
2560
x1080
3440
x1440
3840
x1600
5120
x2160
ゲーム性能 (最大リフレッシュレート)
60 Hz
以上
75 Hz
以上
100Hz
以上
144Hz
以上
200Hz
以上

第3位 LG  34WP85C-B

USB-C接続もPBP機能も欲しい方はコチラ。34インチの仕事用ウルトラワイドとしては最も高機能な1台といえそうです。長く使うならオススメ。

画面サイズ(インチ数)
29インチ
以上
34インチ
以上
37インチ
以上
39インチ
以上
表示できる情報量の多さ(解像度)
2560
x1080
3440
x1440
3840
x1600
5120
x2160
ゲーム性能 (最大リフレッシュレート)
60 Hz
以上
75 Hz
以上
100Hz
以上
144Hz
以上
200Hz
以上

まとめ|34インチのウルトラワイド

34インチのウルトラワイドモニターについてまとめると、

34インチのウルトラワイドをオススメする人
  • 初めてのウルトラワイドが欲しい人
  • 仕事やゲームにガッツリ使うモニターが欲しい人
  • コスパに優れたウルトラワイドが欲しい人

機種選びで重視すべきポイントは5つ。

  1. リフレッシュレート
  2. USB-C給電の可否
  3. 液晶パネルの種類
  4. PBPでの画面分割可否
  5. 曲面型か平面型か

上記を踏まえてオススメ機種をチョイスしたのでチェックしてください。

その他にも用途・サイズの切り口で理想のウルトラワイドモニターをチェックして頂けます!

目次
TOP
目次 (タップで移動)
閉じる