Amazonブラックフライデー対象モニターはコチラ

LGのウルトラワイドモニターの特徴・選び方・おすすめ機種

  • LGのウルトラワイドモニターってどうなの?
  • LGのウルトラワイドの特徴は?
  • LGのウルトラワイドの選び方・オススメ機種は?

この記事ではこんな疑問にお答えします。

「LG」はウルトラワイドモニターに最も力を入れている企業です。

当サイトでは国内で発売されたウルトラワイドモニターはすべてチェックしてますので、機種数を集計してみました。

アスペクト比が21:9または32:9のモニターを対象に集計

ウルトラワイドの約1/3がLG製ということになります。

管理人

個人的にはモニター選びに迷ったら、大手であるLGかDELLを選んでおけばいいと思ってます…

ウルトラワイド選びに迷っている方、LGってどうなの?と思っている方はチェックしてくださいね。

この記事の内容
  • LGのウルトラワイドの特徴
  • LGのウルトラワイド全機種一覧
  • LGのウルトラワイド機種選定ポイント
目次 (タップで移動)

LGのウルトラワイドモニターの特徴

LGのウルトラワイドモニターの特徴についてそれぞれ解説します。

  • ウルトラワイドの各サイズに機種を販売している
  • 高リフレッシュレートなゲーム特化の機種がある
  • 管理ソフトOn Screen Controlが使える

ウルワイ各サイズに機種を展開

大手企業だけあって、LGは29インチから49インチまでのウルトラワイドモニターをほぼ網羅しています。

ラインナップあり
ラインナップなし
  • 29インチ(21:9)
  • 34インチ(21:9)
  • 37.5インチ(21:9)
  • 39.7インチ(21:9)
  • 49インチ(32:9)
  • 43インチ(32:9)

43インチはありませんが、より上位の49インチがあるのでOKという判断でしょう。

ここまで日本国内で充実した機種を展開しているのはLGだけです(Dellも超大手ですが29インチ機種はなし)。

冒頭で示したように、機種の多さという観点でもLGはNo.1。

そのため「ほぼ全てのサイズの機種を展開+機種数が最多」なので、LGはウルトラワイドモニターに最も力を入れているメーカーといえるでしょう。

リフレッシュレートが高いゲーミングモニターあり

Excel等や複数ウィンドウ配置が多いパソコン作業で威力を発揮するウルトラワイドですが、ゲーム用途にも優れています。

LGのウルトラワイドにはリフレッシュレートが高い(ちゃんとした)ゲーミングモニターがラインナップされています。

リフレッシュレートどんな用途・ゲームに向くか
60 HzPC作業、RPGやシミュレーションなど
144 Hzシューティング等のアクション性の高いゲーム
240 Hzプロゲーマー、アクションゲーをガチでやる人
リフレッシュレート別の用途目安

当サイトではリフレッシュレートが120Hz以上のモニターをゲーミングモニターと呼んでいます

管理ソフトOn Screen Controlが使える

WindowsでもMacでも使えるLGのモニター管理ソフト「On Screen Control」が使えます。

一番の特徴はウィンドウの配置レイアウトを整理できる機能でしょうか。

画面の分割・配置レイアウト設定が可能

ここで設定しておいた位置にウィンドウを動かすとピタッとハマってくれるので、キレイに画面を分割できます。

Windowsの場合、マイクロソフト製の無料ツール「PowerToys」を使えば画面分割ができるので、LGのソフトをあえて使う必要はないでしょう。

Dellの管理ツールのような映像入力ソースを切り替える機能はありません

LGのウルトラワイド全機種一覧

国内で発売したLGのウルトラワイドモニターをサイズ別に一覧化しました。

LGに限らず、機種名って似たような名前だらけになるので、ざっと全体像を把握してもらえると思います。

管理人

各サイズで年式順に並べてます、新製品が出たら更新しますね

横長なのでスマホは横スクロールしてご覧ください

29インチの全機種

スクロールできます
2022年度式
(4文字目がQ)
2021年度式
(4文字目がP)
2020年度式
(4文字目がN)
2019年度式
(4文字目がL)
2018年度式
(4文字目がK)

29WQ600-W

29WP500-B

29WP60G-B

29WN600-W

29WL500-B
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 29WK500-P-2.webp
29WK500-P
年式別LGのウルトラワイドモニター(29インチ)
このサイズのざっくりした特徴

29インチは安さ重視の機種が多め。「ウルトラワイドは欲しいけどガッツリは使わない」という人がターゲットでしょうか。個人的にはせっかくウルトラワイドを買うなら34インチがオススメ。

34インチの全機種

機種が多い34インチはリフレッシュレート120Hzを境に表を分けました。

120Hz以上はアクションゲームをバリバリやる方向けです。

リフレッシュレート120Hz未満

スクロールできます
2022年度式
(4文字目がQ)
2021年度式
(4文字目がP)
2020年度式
(4文字目がN)
2019年度式
(4文字目がL)
2018年度式
(4文字目がK)

34WQ650-W

34WQ60C-B

34WQ75C-B

34WP500-B

34WP550-B

34WP65G-B

34WP85CN-B

34WP88CN-B

34WN650-W

35WN75C-B

34WN750-B

34WN780-B

34WL500-B

34WL750-B

34WL75C-B

34WK500-P

34WK95C-W

34WK95U-W
年式別LGのウルトラワイドモニター(34インチ|120Hz未満)
このサイズのざっくりした特徴

34インチは最も機種が多く、数機種が毎年コンスタントにリリースされてます。価格は4~9万円と幅広いのが特徴、スペックと価格の選択肢が多いので、まずは最優先でチェックしたいクラスです。

リフレッシュレート120Hz以上

スクロールできます
2022年度式
(4文字目がQ)
2021年度式
(4文字目がP)
2020年度式
(4文字目がN)
2019年度式
(4文字目がL)
2018年度式
(4文字目がK)
該当なし
34WP60C-B

34WP65C-B

34GN73A-B

34GN850-B

34GL750-B

34GK950G-B

34GK950F-B
年式別LGのウルトラワイドモニター(34インチ|120Hz以上)
このサイズのざっくりした特徴

高いリフレッシュレートでゲームをヌルヌル動かしたい方はこのクラス。2021年度式の2機種は5万円前後で手に入り、高コスパなのでオススメ。

37~40インチの全機種

スクロールできます
2022年度式
(4文字目がQ)
2021年度式
(4文字目がP)
2020年度式
(4文字目がN)
2019年度式
(4文字目がL)
2018年度式
(4文字目がK)
37.5
インチ
該当なし
38WP85C-W
該当なし該当なし
38WK95C-W
39.7
インチ
該当なし
40WP95C-W
該当なし該当なし該当なし
年式別LGのウルトラワイドモニター(37-40インチ)
このサイズのざっくりした特徴

37-40インチは高解像度は勿論のこと、Thunderbolt端子があったり高性能なハイエンドなクラス。「金は出すからイイものをくれ」という人が対象、価格は12~19万円ほど。

スーパーウルトラワイド全機種

スクロールできます
2022年度式
(4文字目がQ)
2021年度式
(4文字目がP)
2020年度式
(4文字目がN)
2019年度式
(4文字目がL)
2018年度式
(4文字目がK)
43
インチ
該当なし該当なし該当なし該当なし該当なし
49
インチ
該当なし該当なし該当なし
49WL95C-W

49WL95C-WE
該当なし
年式別LGのウルトラワイドモニター(43インチ以上)
このサイズのざっくりした特徴

2019年に発売された1機種のみ、超ニッチなモニター形状なので数年ごとに設計が刷新される感じですかね。興味がある方は他機種とも比較検討してみてください。

(興味ある方向け) LG製ウルトラワイドの機種名ルール

LGのウルトラワイド全機種を調査した結果、だいたい命名規則が分かってきました。 

LGのウルトラワイドモニターの機種名ルール
管理人

公式情報じゃないので参考程度にご覧下さい

大半はこのルールが当てはまるので、機種選びの参考にして下さい(古い機種は例外あり)。

34WQ75C-Bを例にして、それぞれ詳しく解説してみます。

最初の2桁は画面サイズ。小数点以下は四捨五入(37.5インチ ⇒ 38)
WまたはG。ウルトラワイドは基本的にW(Wide)ですが、どうやらG-SYNC搭載またはG-SYNC互換の機種はGのようです(Gは今後なくなるでしょうね…)
年式。アルファベットが進むほど基本設計が新しくなるのでけっこう重要。発売タイミングと必ずしも合致しないので注意。
Q:2022年度式
P:2021年度式(Oはスキップされた模様)
N:2020年度式
(以下略)
数字2桁はグレード、大きいほど高機能/高性能。数字がどう決まるか不明ですが、スペックの総合的な評価に基づいてるみたいです、ざっくり下記な感じ。
50台  : 安価なエントリーグレード
60~70台 : コスパに優れた中間グレード
80~90台 : 高性能+多機能な高級グレード
形状。湾曲型ディスプレイの場合はC (Curved)、平面タイプだと0(ゼロ)
最後のアルファベットは本体カラーW (White)またはB (Black)。Wだと本体裏面は白ですが、スタンドは銀色なのでS(Silver)のがしっくりきますね。

LG全機種のスペック・名前をチェックしたので、だいたい合ってると思います…

新しいパターンのルールが出てくると思うので、気づいたら更新しておきます。

管理人

個人的には、機種名で高リフレッシュレートな機種か、液晶パネル(IPS/VA等)とかが分かればいいのになーと思ってます

LGのウルトラワイド選定時のポイント

LGのウルトラワイドはラインナップが豊富である一方、機種選びにおける注意点があります。

  1. 34インチは解像度を必ずチェックすべし!
  2. 「ゲーミング」という言葉に注意すべし!
  3. 似たスペックの機種があるか確認すべし!

それぞれ解説します。

34インチは解像度を必ずチェック

製品バリエーションが豊富なLGならではの注意点で、画面サイズが34インチの場合の解像度は2種類あります。

  • UWFHD (2560×1080)
  • UWQHD (3440×1440)

34インチで解像度5K2K(5120×2160)という機種は昔ありましたが、キホンはこの2つです

画面の広さを示す「画素数」を比べると、

UWFHD(2560×1080)
2,764,800
UWQHD(3440×1440)
4,953,600

UWQHD(3440×1440)UWFHD(2560×1080)の約1.8倍の解像度(画面の広さ)で全く別モノ。

管理人

34インチの割に安いなーと思ったら解像度はUWFHDだった、というパターンに注意しましょう

何が「ゲーミング」かチェックしよう

LGに限りませんが、「ゲーミング」という言葉の定義があいまいなので、ゲーミングモニターという製品説明は全く当てになりません。

少しでもゲームに役立つ機能が搭載されていれば、ゲーミングと名乗ってOKみたいな状態です。

管理人

明確な定義がない以上、間違っているとは言えませんが…

そのため、モニターを選ぶ側がどんな機能・性能を求めるかを明確にイメージしておく必要があります。

一つの基準として、当サイトはリフレッシュレートが144Hz以上のモニターをゲーミングモニターとして紹介しています(数字で判断できますからね)

似たスペックの兄弟機も要チェック

LGのウルトラワイドは、少しだけスペック(と価格)が違う2機種が同時にリリースされることが多いんですよね。

当サイトでは勝手に兄弟機と呼びます

「いいな」と思った機種があったら、その兄(弟)にあたる機種がないかチェックしてみましょう。

ちょうど欲しかった機能・価格の機種が見つかるかもしれません。

スクロールできます

34WQ60C-B

34WP60C-B

34WP85CN-B

34WN750-B

34WP500-B

34WQ75C-B

34WP65C-B

34WP88CN-B

34WN780-B

34WP550-B
主な違い高さ調節機能
スピーカー
USB-C端子
高さ調節機能
スピーカー
モニター台が
スタンド型かアーム型か
モニター台が
スタンド型かアーム型か
高さ調節機能
LGの兄弟機の例(値段が高い方を兄としてます)
管理人

微妙な違いですが、購入を検討する時は、兄弟機があるか・違いは何かチェックしておきましょう

おすすめ機種|LGのウルトラワイドモニター

数年前の機種も併売されていて、LGのウルトラワイドモニターは多くの選択肢があるんですよね。

ということで、サイズ別でコレを選べばOK!というオススメ機種を紹介します。

スクロールできます
29インチの
おすすめ機種
34インチの
おすすめ機種
ゲーミング用
34インチの
おすすめ機種
37.5インチの
おすすめ機種
39.7ンチの
おすすめ機種
スーパー
ウルトラワイド
おすすめ機種
機種名29WQ600-W34WP60C-B34WQ75C-B38WP85C-W40WP95C-W49WL95C-WE
外観
リンク商品ページ商品ページ商品ページ商品ページ商品ページ商品ページ
画面サイズ29インチ34インチ34インチ37.5インチ39.7インチ49インチ
解像度2560×10803440×14403440×14403840×16005120×21605120×1440
パネルIPSVAIPSIPSIPSIPS
形状平面型曲面型曲面型曲面型曲面型曲面型
入力端子HDMI :1
DPort :1
USB-C:1
HDMI :2
DPort :1
HDMI :2
DPort :1
USB-C:1
HDMI :2
DPort :1
USB-C:1
HDMI :2
DPort :1
Thunderbolt:1
HDMI :2
DPort :1
USB-C:1
リフレッシュレート100Hz160Hz60Hz60Hz72Hz60Hz
高さ/向き
の調節
高さ:〇
縦向:〇
横向:×
高さ:×
縦向:〇
横向:×
高さ:
縦向:〇
横向:×
高さ:〇
縦向:〇
横向:×
高さ:〇
縦向:〇
横向:×
高さ:〇
縦向:〇
横向:
スピーカーあり×ありありありあり
リフレッシュレートは最大値のみ表記しています

まとめ

LGのウルトラワイドモニターについてまとめます。

  • LGのウルトラワイドモニターの特徴
    • 各サイズに製品を展開
    • 高リフレッシュレートな機種あり(なんちゃってゲーミングじゃない)
    • LG製管理ソフトが使える
  • LGのウルトラワイド選定時のポイント
    • 34インチは解像度をチェックすべし
    • 何が”ゲーミング”かチェックすべし
    • 兄弟機があれば併せてチェックすべし
  • モニター選びに迷ったら⇒オススメ機種一覧に戻る
管理人

機種が多いが故に注意点がいくつかありますが、万人にオススメできるのがLGのモニターです。
LGには引き続き日本でのウルトラワイドを引っ張ってもらいたいですね。

目次 (タップで移動)