【機種一覧】2021年発売のウルトラワイドモニター

【ウルトラワイドモニター】2年使って感じたメリット・デメリットを徹底解説

僕はウルトラワイドモニターを2年以上に渡ってゲームや仕事で毎日使っています

そこで感じたメリットとデメリットは下記です。

ウルトラワイドモニター 5つのメリット
  1. 横長形状だと様々な作業効率がアップ
  2. ゲーム画面が広がり攻略が有利になる
  3. 映画・ゲームの迫力・没入感がアップ
  4. 横長モニターのほうが疲れにくい
  5. デスク環境がオシャレになる
ウルトラワイドモニターのデメリット
  1. 普通のモニターと比べると割高感がある
  2. 横方向に設置スペースが必要

それぞれ詳しく解説します。

目次 (タップで移動)

ウルトラワイドモニターのメリット

メリット① 継ぎ目のない横長画面で作業効率アップ!

表計算ソフトをウルトラワイドモニターで表示した様子

ウルトラワイドモニターは画面の切れ目がないため、ウィンドウを横並びにして行う作業や、左右に長いExcelシートを扱う作業、動画編集ソフト等と相性抜群です。

ウルトラワイド型なら繋ぎ目なしですっきり

複数台のモニターを並べるデュアルモニター構成の場合はモニター間の繋ぎ目で表示が途切れますし、ドットピッチ(画素の大きさ)が異なる場合は目に見えるウィンドウの大きさがモニターごとに違います。

またウィンドウを複数並べる際は、横にウィンドウを並べることがほとんどではないでしょうか。

ウルトラワイドモニターは画面の切れ目がないため、ウィンドウを横並びにして行う作業や、左右に長いExcelシートを扱う作業、動画編集ソフト等と相性抜群です。

メリット② ゲームでの表示領域・視野が広がって攻略が有利!

パソコンでゲームをする場合に限ったメリットです。

ウルトラワイドモニターの特有・最大のメリットが「視野が広がる」ことです。

下の画像はApex Legendsにてステージの全く同じ位置・同じアングルで、画面設定を変更した場合の比較です。

アスペクト比16:9の一般的なモニターとウルトラワイドモニターを比較すると一目瞭然・・・!

解像度:WQHD @射撃訓練場
解像度:UWQHD @射撃訓練場

横に映像が引き伸ばされたのではなく、見えなかった範囲がウルトラワイドモニターで見えていることが分かります。

ゲーム攻略面だけでなく、表示域が広がることで迫力や臨場感が増すメリットもあるので、競技性の高いゲームに限らず、RPGやシミュレーションゲームを遊ぶ上でもウルトラワイドモニターをオススメします!

ウルトラワイドに対応するタイトルは多くありませんが確実に増えており、筆者はこのメリットに惹かれてウルトラワイドの購入に至りました(FF14をプレイするため)

FF14のウルトラワイドモニター表示
ステージ全体が見渡せるので攻略が有利になります

ウルトラワイド未対応のタイトルや家庭用ゲーム機は左右に黒帯が表示されます(PS4とSwitchで試してみました、プレイに支障はありません)。

メリット③ 映画やゲームの迫力や没入感アップ!

一部の動画配信コンテンツはウルトラワイド表示に対応

ウルトラワイドモニターでシネスコサイズの動画を再生するとこうなります
Amazon Primeビデオの一部はウルトラワイド表示に対応

AmazonプライムビデオとNETFLIXの一部の映画作品だけですが、シネスコサイズと呼ばれる映画館と同じ横に長い形式の動画が配信されており、これをウルトラワイドモニターで見ると迫力がスゴイです。

この形式に対応する作品は多くありませんが、今後ウルトラワイドモニターの普及に伴って対応作品が増えると思います。

ゲーム画面が広がることで迫力や没入感がアップ

FF14のボス戦onウルトラワイドモニター
FF14のボス戦、

ゲームでの視野が広がって攻略が有利になるだけでなく、表示領域が広がるので風景・フィールドが横方向に広がることで、包み込まれるような臨場感・没入感を感じられます

パソコン・仕事用だけでなく、エンタメ用としてウルトラワイドモニターがオススメです!

メリット④ モニターは縦より横に広い方が疲れにくい

ウルトラワイドモニターと4Kモニターと比較したメリットです

4Kモニターとウルトラワイドモニターの見え方の違い
ウルトラワイド vs 4K

モニターの位置は目線と同じ高さかそれ以下が理想ですが、4Kモニターは縦方向の視線移動が多くなるため、ウルトラワイドモニターのほうが疲れにくいです。

広く画面を使うには高い解像度のモニターが必要です。ウルトラワイドモニターは高解像度と思われがちですが、4Kモニターの方が画素数は多いです。

しかし実際のデスクワークを想定した場合、4Kは高精細過ぎて文字等が小さく映るため、30インチ以上の大型モニターが実用レベルとなります。

しかし、それでも一般的なモニターより30~50%程文字が小さいので、同等の見やすさを実現するにはモニターと顔の距離を縮める必要があります。

結果的に「縦に大きいモニター」に「顔を近づける」⇒画面上部はどうしても見上げる形になるので「疲れにくく、画面を広々と使いたい」場合、ウルトラワイドは理想的なモニターです。

参考|モニター位置は低い方が疲れにくい

ディスプレイは、その画面の上端が眼の高さとほぼ同じか、やや下になる高さにすることが望ましい

VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン (厚生労働省)

モニターの位置はなるべく低くして、目線を下げることによって、涙液の蒸発を最大30%程度抑えることができます

VDT症候群(王子さくら眼科)

ただ用途次第ではウルトラワイドよりも4Kモニター方が適しています。詳しくは4Kモニターとウルトラワイドモニターを徹底比較した記事をご覧ください。

メリット⑤ デスク環境がオシャレになる

実用性とは関係ないメリットですが、ウルトラワイドモニターはカッコイイと思いませんか…?

それは主観だろう、というご意見は承知の上で、本当にそう思うのでメリットとして挙げさせてもらいました。

ウルトラワイドを選ぶかは別として、モニターは常に目に入る周辺機器ですから、コスパや実用性だけでなく、理屈抜きで自分の好みを多いに反映してはいかがでしょうか。

管理人

個人的にはモニターは最も妥協すべきでない・しない方がいい周辺機器だと思います

モニターは妥協しない方がいい理由
  • 一度買うと長く使うことになる
  • 机の一番目立つ位置に常に設置される
  • PC周辺機器の中で最も使用時間が長い

最近のモニターはつくりが良いので、初期不良がなければ長期間使い続けることになるはずなので、デスクに向かう時間が長い方ほど、モニターだけはケチらない方が良いです。

ウルトラワイドモニターのデメリット

ウルトラワイドモニターのデメリット
  • 普通のモニターと比べると割高感がある
  • 横方向に設置スペースが必要

デメリット① 割高感がある(一般的な16:9モニターとの比較)

お金と貯金箱

何をもって割高と判断するか難しい所ですが、単純に表示できる情報量(画素数)に着目して、1円あたりの画素数(解像度÷価格)を計算してみました(大きい程良い)

価格と解像度以外の要素は一切無視しているので、あくまで参考値です

スクロールできます
比較サンプル 画素数/円 画素数 価格
24インチ (フルHD) 110207万18,800円
27インチ (WQHD)102368万35,800
31.5インチ (4K) 139829万59,220円
ワイド型モニター3種類(2021/8/11時点)
スクロールできます
比較サンプル 画素数/円 画素数 価格
29インチ (UFQHD) 92276万29,790円
34インチ (UWQHD)91495万53,865
37.5インチ(UWQHD+) 34614万178,800円
39.7インチ (5K2K) 471,105万233,800円
ウルトラワイドモニター4種類 (2021/8/11時点)

1円あたりの画素数はウルトラワイドモニターは低く、割高感がないとは言えません(37.5インチ以上は色々な機能も搭載されているので割高に見えてしまいますね)

ただし前述の5つのメリットは、ウルトラワイドモニターでしか得られない「体験」です

デメリット② 横方向に広い設置スペースが必要

ウルトラワイドモニターの画面サイズの比較

サイズ次第ですが、横方向に長いため設置スペースはチェックしておきましょう。

上記画像はあくまで映像が表示される部分の長さを示しているので、周囲のベゼルや台座の大きさも考慮しましょう。

補足:ウルトラワイド特有のデメリットではないもの

ウルトラワイドのデメリットとして「高性能なパソコンが必要 」は誤りです。

「低い解像度のウルトラワイド」と「4K解像度のワイド型モニター」なら圧倒的に後者の方がパソコンへの負荷は高いです。そのためウルトラワイド特有のデメリットとして挙げるのは不適切です。

ウルトラワイドのメリットとデメリット まとめ

こんな人にウルトラワイドモニターはオススメ
  • Excelや動画編集、複数ウィンドウを開いてパソコン作業をする
  • パソコンでゲームをプレイする、またはプレイ予定を検討中
  • パソコン周辺やデスク環境をオシャレにしたい
ウルトラワイドモニターはオススメしない人
  • 少しでもモニターは安く済ませたい!
  • ウルトラワイドの設置スペースがない
  • Switchやプレステ等のゲーム機をつなぐだけ!

1円でも安く済ませたい!という場合ウルトラワイドモニターはオススメしませんが、メリットのうち1つでも魅力を感じた方は、ウルトラワイドモニターがオススメです!

家庭用ゲーム機はウルトラワイド表示に対応していません(PS4やSwitchをウルトラワイドに繋いだ記事

管理人

ウルトラワイドじゃなくてもいいので、モニターは妥協せずに選びましょう!

結局は横長のモニター形状によるメリットを活かせるかがウルトラワイドを選ぶポイントです、メリット・デメリットを踏まてウルトラワイドモニターを検討してみてください!

自分にあった機種を探す場合は、用途に応じたオススメのウルトラワイドモニターの探し方をご覧ください。

目次 (タップで移動)
閉じる